• 洞爺湖越後屋
  • 洞爺湖越後屋
  • 洞爺湖越後屋
  • 洞爺湖越後屋
  • 洞爺湖越後屋

洞爺湖越後屋

洞爺湖にあるお土産屋さん、人気商品は木刀です!

木刀に彫ってある字は、すべて当店の職人による手彫りです。
当店では30年以上も前から木刀に文字を彫り続けています。

: 洞爺湖木刀
: 北海道虻田郡洞爺湖温泉町71
: 0142-75-2158
: http://www.toyako-bokutou.com/
:
:

関連記事

洞爺湖で見つけた雪だるま
2014年02月02日(日) 洞爺湖
冬、冬と言えば雪、雪とえば、、、雪だるま!越後屋さんの前で発見しました!でかい!人の背丈ほどある大きさ!外国人観光客の方が、もの珍しそうに見ては写真をパシャパシャと撮っていました。これだけ大きいと春まで残っていそうですね! 記事:イナ
続きを読む
洞爺湖木刀とシークレットサービス
2013年11月08日(金) お土産
時代を超えてある年齢層に人気のアイテムがあります。修学旅行の時だけグループ内で一気に話題が広がる木刀です。日本中の観光地にはどこでも必須のお土産ですね。昭和30年代会津若松市の白虎隊をモチーフにした「白虎刀」が始まりで、会津のタカハシ産業という会社が作ってその社長が全国営業して広げたそうです。「木刀(刀)」=サムライなので雰囲気として日本の古くからの伝統的なお土産と思ってましたが、完全に「昭和の観光お土産」ってことですね。北海道の「熊の彫り物」ほどではないにせよ徐々に同じような運命をたどると思われていましたが、洞爺湖では海外からも注文が入る人気商品になってるんですよ。古く歴史と伝統のある木刀を昭和30年代にフジワラ産業という会社が中学生に広めたように、最近では銀魂が洞爺湖木刀を世界に広げて(?)います。銀魂が洞爺湖に与ええた影響はわかりませんが洞爺湖木刀にはものすごい変化がありました。木刀に対して本来横書きされていた「洞爺湖」という文字がなんと!縦書きにかわりました。もちろん全国の木刀を全部調べた訳ではありませんが基本は木刀にたいして横書きだと思います。どんなことでも生き残っていくには変化が必要ですし売れるきっかけというのは誰にもわかりません。少し前にも洞爺湖ではサミットが行われましたが木刀にも大きなインパクトがありました。先進国各国のサミット政府関係者が観光木刀を数百本も買い漁っていって自慢しあってたとの事です。きっかけはサミット期間中に訪れたアメリカのシークレットサービスの方に「Secret Service」と彫ってくれとお願いされたことから。この木刀がサミットを伝えるテレビニュースに映り込みあらためて観光木刀が話題となりました。こんなにもドラマのある観光木刀はそう無いのではと思います。洞爺湖木刀の今後は全く分かりませんが全国の観光木刀とともに観光地と共に生きていくのが、観光木刀のサムライスピリットなのかもしれません。
続きを読む